曜日

見積書を作る営業マン

休みの日に引越しを済ませるケースが多いので、休日は料金が高くなります。土日祝日というのは一般の人が休日です。逆に平日というのは、一般の人は働いているので安くなります。
平日に休むことが出来ない場合は仕方ありませんが、休みを取ることができれば料金を抑えることが出来ます。

さらに、「仏滅」を選ぶことで料金を安くなる場合があります。仏滅や大安というのは明治時代に出来た習慣の一つです。これは、カレンダー業者が、カレンダーを売るために出来た習慣です。そのため、仏滅は悪い日でる根拠は一切ありません。
ただ、多くの人は仏滅を気にしているため、仏滅を避けて引越しをします。そのためカレンダー上の仏滅は引越し利用者が少なく、料金が安く設定されています。

業者によっては、引越し料金をカレンダーで一覧表示しています。
その中から最も安い日を選択することが出来ます。

引越し料金が安い日というのは、利用者が費用を抑えることが出来ますし、引越し業者からしてもお客さんを確保することが出来ます。
そのため、双方にとって良い引越しをすることが出来ます。

タイプ

契約書にサインする所

引越し業者では、様々なプランを用意しています。
必要に応じてプランを選択することで、料金を抑えることが出来ます。

引越しのプランを決める場合に、何人で引っ越しをするのか、荷物の量、自分で荷造り・荷解きすることができるかということを考える必要があります。
引越し料金を抑えるためには、自分でできることは極力自分で行うことが大切です。そうすることで、業者への負担は軽減されて料金を安く抑えることが出来ます。

荷造りをする場合には、早めに行うことで引越し当日までに荷造りを完了させることが出来ます。
現在の季節とは反対の冷暖房器具、衣類などを先にダンボールに詰め込み、準備をしておくことで当日焦ることはありません。

早めに引っ越し業者と契約をすることで、自分にも余裕が出ますし、料金を安くしてもらえる場合があります。

自分でできることは自分ですると伝え、業者の都合が良い日、時間帯を選ぶことで料金の交渉を行いやすくなります。

相見積もり

見積もり金額に悩む男性

引越し料金を安くするためには、必ず複数の業者から見積もりを取る必要があります。複数の業者から見積もりを取ることを「相見積もり」といいます。
複数の業者から見積もりを取ることで、料金の交渉を行いやすくなりますし、相場が分かります。
相見積もりによって、引越し料金が数万円変わることもあります。

相見積もりをする場合には、複数の業者に問い合わせを行い、見積もりを出してもらいます。最近では電話やメールで問い合わせを行わなくてもインターネットで一括見積りをすることが出来ます。
見積もりは無料で行ってもらうことが出来ます。

また、見積書は合計金額だけを見るのではなく、内訳を見るようにしましょう。一つ一つの料金を確認して、不必要なものがないか確認します。

いくら好条件の引越しを見つけた場合でも、その場で即決するのではなく一度保留にしておきます。そうすることで、業者はさらに好条件を出してくれます。